2007年11月27日

孫正義

立石
071127立石
南行徳
071127南行徳

松江
071127松江
森下
071127森下

 先週、親会社のある八丈島に行って来ました。書棚にあった分厚い一冊ソフトバンク総帥の孫正義氏の2000年までの半生を記した大下英治氏の記した「孫正義 企業の若き獅子」を借りて読ませてもらいました。
 帰京する飛行機の中、帰宅してからのソファ、ベッド。少し時間があると常に開いていました。何せ厚い本なので、あまり持ち歩きたくないというのもありましたが、それ以上に面白くて一気に読了してしまったという感じです。
 常に集中し、同じ時間をより濃いものにしていくという基本的な姿勢が随所に見受けられます。
 私は、比較的パソコンに親しむ機会が比較的幼い頃からありました。この書を読んでいると、あれは、そういう背景があったのか。と妙に懐かしい部分もあったり、そのドラマにびっくりして楽しめました。
 とても、とても氏のような事ができるとはおもいませんが、本書の中で何度も出てくる言葉「脳みそが爆発するまで考える。」だけは見習っていきたい。そう思います。  

ペットフード・用品の ファミーユ
k_okano


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/petfoodhouse/50745126